トップ / デベロッパー系と独立系の選び方

管理会社は独立系を

デベロッパー系と独立系の選び方

どちらを選べばいいかを紹介する

マンション管理会社は、デベロップ系と独立系の2種類に大別されます。双方の持つメリット、デメリットを理解するなら、自分たちのマンションの管理に関するニーズと照らし合わせてふさわしい会社を選択できるでしょう。

費用の面でお勧めなのは、独立系の管理会社です。親会社からの仕事の供給というラインがない分を、デベロップ系の管理会社よりも安い委託料金を魅力の一つとして、仕事を獲得する必要があるからです。

さらにサービス面でも、独立系は、親会社とのしがらみがないので、親会社の意向を反映して住民のニーズに答えるサービスを提供するのが難しいということはありません。住民の意向を反映した融通の利いたサービスが期待できるというメリットがあります。様々なタイプのマンション管理を行ってきた実績を基に、幅広い知識があるというのも利点です。です。もちろんコストとそれに応じたサービスをどこまで期待できるのか契約する前にしっかり確認する必要があります。

デベロップ系にもメリットがあります。例えば親会社からの建物の構造、設備に関する情報が入手しやすく、修繕・改修・クレーム処理なども同じ系列の他のマンションの事例などを参考に対応することが可能です。親会社の看板に傷をつけることになりかねないので、問題が起こった場合でも、責任を持って対応してくれることを期待できます。さらに系列グループの傘下にいるので、経営破綻しにくいという傾向もあります。

このように、コスト面と融通の利くサービスという点を考えるならおすすめはデベロップ系の管理会に社ということになります。しかし、コスト面よりも親会社の持つブランド力による安心感を優先させたいと思うならデベロップ系の管理会社を選択できるでしょう。