トップ

管理会社は独立系を

管理会社がしてくれること

管理会社の業務内容とは?

マンションの家主や入居者にとって管理会社や管理員の存在はとても大きなものです。建物という資産の管理を委託し、入居者の安全で快適な住環境を維持する仕事に携わることになるからです。管理会社にマンション管理の委託や、管理会社の変更などを考えている場合、どのような管理会社を選べばよいのでしょうか?そもそも管理会社の業務にはどのようなものが含まれているのでしょうか?

おすすめのマンション管理会社をお探しならこちら。

管理会社の基本的な業務には何が含まれているのでしょうか。賃料の徴収、未収金の回収、入居手続き、退去受付と敷金の返還、その後のリフォームの手配などがあります。

これに加えて、清掃業務としての日常清掃と特別清掃。さらに管理業務として受付、設備点検時の立会い、集会所などの共有部分の鍵の管理、入居者同士や近隣住民とのトラブル、クレームの対応、貸主と借主との間の連絡などがあります。

マンションには建物自体だけでなく、エレベーター、消防、給水、排水設備、浄化槽、機械式駐車場といった様々な設備がありますが、これらを管理点検することも建物・設備管理業務として一般的に組み込まれています。

住民によるマンション組合や理事会の仕事をサポートするという業務もあります。管理組合の収入、支出などの会計業務、組合運営のサポート、維持や修繕に関わるマンション管理のアドバイスの提供などマンションの管理組合や理事会運営をサポートする業務も含まれます。

このように、入居退去時の貸主・借主への対応、日常的な建物の管理・清掃業務、特別清掃や設備の点検修理の手配、入居者による管理組合や理事会のサポートまで管理会社や管理人の業務は多岐にわたります。マンションの家主や入居者の方たちがどこまでの管理委託を希望するかによって、仕事内容や管理委託料も大きく変化します。賢く管理会社を選択できるなら、家主も入居者も双方が喜ぶ快適なマンション生活になることでしょう。